既卒の就職について

1.効率的な応募書類作成の作成方法

 既卒の就職活動で多くの人が悩むのが、既卒理由をどのように履歴書や自己紹介書に記載するのかということではないでしょうか。そこでインターネット上で、応募書類の書き方を探して利用することもできますが、できればハローワークやジョブカフェ、サポステーションなどの公的支援機関のキャリアコンサルタントを利用すると良いでしょう。ここで自分の既卒した理由を話すことで、自分では気がつかなかった点や、具体的な応募書類の作成方法などアドバイスを受けることができるからです。

 

2.さまざまな求人探し方法

 求人探しでは、ハローワークなどの公的な機関だけではなく、既卒支援サイトやエージェントなど様々な情報媒体を利用することが可能です。そして、自分がやりたい仕事や、進みたい業界だけではなく、仕事に求めることも含めて求人探しの軸を絞ります。そして自分一人で求人探しをしながらも、公的就職支援機関、民間のエージェントなどを利用します。ここで民間エージェント利用する場合には、担当者に求人条件など自分の希望条件を伝えることで、自分では探せないような求人を紹介してくれることもあります。また求人紹介媒体は、それぞれ得意分野が様々ですし、担当者との相性もあるため、求人探し軸を基に、複数社を利用して貪欲に求人を探すことが大切です。

 

3.面接を受ける

 書類が通過したら、いよいよ面接を向かえることになります。ここでは、しっかりと事前準備と対策が必要となります。それは、既卒の場合新卒の就職活動とは異なり、これまでのブランクや就職をしようと思う経緯の説明が必要になるからです。ここは、面接では必ず突っ込まれやすい部分となりますので、そのきりぬけ方や、面接官に納得がいくような説明や上手な自己PRが大切となります。そこで対策としては
・既卒になった経緯や理由を時系列に書き出し、当時の気持ちや思いを書き足す
・当時を振り返り、現在思うこと、やっていることなどを書き出す
・就職先でやりたいこと、何故その企業や業界なのかを書き出す

 

4.おわり

 既卒の就職活動は、新卒者や第二新卒者がライバルとなります。そこで、彼らにはない自分だけの強みやアピール方法が必要となります。そこでこれまでやってきたこと、考えてきたことなどがあれば、自分のアピール方法や強みとなりますから、どのように伝えたらよいのかなど社会人経験が豊富なキャリアコンサルタントを積極的に利用して、いかに効率に就職活動できるかどうかが大切になります。

 

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
リクナビNEXTは、求人件数の多さで有名ですが、会員限定のツールも魅力的!中でも職務経歴書作成ツールはガイドにそって入力するだけなので簡単!